メタリックスプレー缶 メタリックレッド マットブラック 買取り実績 ラバーペイント 650円 メタリックスプレー缶(メタリックレッド) ラバーペイント(マットブラック) 自動車・オートバイ 自動車パーツ その他 /wp/archives/6091,650円,thepharcyde.com,自動車・オートバイ , 自動車パーツ , その他,メタリックスプレー缶(メタリックレッド) ラバーペイント(マットブラック) メタリックスプレー缶 メタリックレッド マットブラック 買取り実績 ラバーペイント /wp/archives/6091,650円,thepharcyde.com,自動車・オートバイ , 自動車パーツ , その他,メタリックスプレー缶(メタリックレッド) ラバーペイント(マットブラック) 650円 メタリックスプレー缶(メタリックレッド) ラバーペイント(マットブラック) 自動車・オートバイ 自動車パーツ その他

メタリックスプレー缶 メタリックレッド マットブラック 買取り実績 ラバーペイント 本日限定

メタリックスプレー缶(メタリックレッド) ラバーペイント(マットブラック)

650円

メタリックスプレー缶(メタリックレッド) ラバーペイント(マットブラック)

商品の状態新品、未使用
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法らくらくメルカリ便
発送元の地域群馬県
発送までの日数2~3日で発送


未使用のまま自宅保管しておりました。 アサヒペン メタリックスプレー(メタリックレッド) アクリルラッカー 用途 電気器具 家具 自転車 屋内外の鉄製品.屋内の    木工品。    3回塗り 300ml    1580円で購入 外装ビニールに一部剥がれあり。 ラバーペイント(マットブラック) 油性タイプ 用途 塗装 部品保護 錆止め 滑り止め 装飾 薄膜で塗って剥がせる液体ゴムの塗装スプレーです。車やバイクのボディーやパーツ・アルミホイール、自転車の部品やインテリア・日用品など、何でもお手軽に塗装出来ます。3〜4回塗り 150ml ○セラミック、ガラス、プラスチック(一部を除く)、鉄  ステンレス、金属部品など。 △剥がせないか使用できる コンクリート、革、木材、布  紙など。 浸透する素材は色 移りしたり、綺麗に剥が      せません。 ✖︎使用できない プラスチック(PE、PP、ポリスチレン  ポリカーボネート、塩化ビニール等)、撥水処理加工さ  れている素材 下地が溶けたり、塗装がのらない恐れが  あります。 目安量 400mlでタイヤホイール約1本分 ※60サイズのダンボールでの配送となります。 ※即購入OK

メタリックスプレー缶(メタリックレッド) ラバーペイント(マットブラック)

JASIS 2021 特設ページ
やさしい分析 - 人と環境に優しい、ソリューション、易しく使える製品。そして、分析者に優しい働き方への提案


【新技術説明会 update】新技術説明会のオンデマンド版を公開しました!



・2021/10/15 MONOist(モノづくりスペシャリストのための情報ポータルサイト)に、アジレントの記事が掲載されました。

 『ラボの分析機器にもDXを、CBMによる予防保全とAR活用リモートサポートを提供』

ハイライト


ヘリウムガスの消費削減および代替キャリアガス

ヘリウム(He)ガスの価格高騰が続いています。GC および GC/MS の He ガスの消費削減および代替キャリアガス情報はこちら

詳細はこちら

Cary 3500 UV-Vis と Agilent OpenLab のご紹介

UV-Vis のデータを Agilent OpenLab で一元管理して、データインテグリティのコンプライアンスを簡単に実現

詳細はこちら

元素分析にサポートが必要ですか?

アジレントの元素分析製品セレクタツールを使用してラボのニーズに合った分析法を検索

詳細はこちら

お客様の声 / 導入事例
味の素バイオファーマサービス 株式会社ジーンデザイン様

2D-LC による核酸医薬の不純物分析事例

詳細はこちら

GC/MS による材料分析ガイド:未知成分の特定のために

材料分析に役立つ GC、GC/MS ソリューション電子書籍が完成

詳細はこちら

フルスペクトルのバイオ LC が
登場

バイオ分析のあらゆるニーズに対応する新しい Agilent InfinityLab Bio LC ソリューション

詳細はこちら

Agilent-NISTmAb
アプリケーション総覧

NISTmAb の特性解析における BioHPLC
カラムの使用に関する包括的なガイダンス

詳細はこちら

UV-Vis 分光光度計の学習に役立つ教育ツール

電子書籍『UV-Vis 分光光度計の基礎』、ラボ内とリモートでの実証実験など

詳細はこちら

アジレントが提案する
スマート テレワーク

あなたの理想のテレワークが
現実のものに

詳細はこちら